So-net無料ブログ作成
検索選択

別の強姦2件でも追起訴…時効直前起訴の被告(読売新聞)

 茨城県小美玉市で2003年4月、女性が乱暴された事件で、現場から採取されたDNA型が一致したとして、今年3月、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪で起訴された同市の建築解体業富田和広被告(43)が、別の2件の強姦事件でも水戸地検に追起訴されていたことがわかった。

 追起訴は20日付で、うち1件は22日に時効を迎える直前だった。

 捜査関係者によると、追起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に同県内で起きた強姦事件。事件現場に残された遺留物のDNA型が富田被告のものと一致した。

 富田被告は3月、08年11月の強制わいせつ未遂事件で逮捕され、03年4月1日の強姦事件の時効直前に起訴された。

南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ−日本(時事通信)
住宅エコポイントはCO2削減に見合う? 恩恵予想以上に大きく、継続的取り組み必要(産経新聞)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める−河村名古屋市長(時事通信)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。