So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

蓮舫さん高校時代、ハンドボール部の得点王(読売新聞)

 8日に発足した菅内閣に、東京選出の参院議員、蓮舫氏が行政刷新相として初入閣した。

 舌鋒(ぜっぽう)鋭く「無駄」に切り込んだ事業仕分けで一躍有名になったが、学生時代を知る恩師の印象は「努力と気遣いの人」。

 選挙を目前に控えた閣僚登板に陣営も準備に大わらわだ。

 「飛び抜けた努力家だっただけでなく、試合で仲間がミスをしたら、真っ先に声をかけるやさしさがあった」。青山学院高等部女子ハンドボール部で3年間、蓮舫氏を指導した横浜市港北区、山田哲雄さん(73)は当時を振り返る。

 体格には恵まれなかったが、筋力トレーニングなどの地道な練習を積み重ね、3年時にはチーム一の得点王に成長したという。

 事業仕分けでは、「2位じゃだめなんでしょうか」と切り込む姿に批判めいた声もあった。山田さんは「誤解されている側面もあるのではないか。ハンドボールに打ち込んでいた時のひたむきさで働いてほしい」とエールを送った。

 一方、参院選を控え、蓮舫氏の陣営では大臣就任に伴い、「チラシを修正しなければ」などと対応に追われている。知名度の高い同氏には、すでに全国から応援演説の要請が殺到しており、ある都議は「公務もあり、自分の選挙運動がどれほどできるのか」と話した。

NHK職員が酔って公務執行妨害(産経新聞)
参院選400人超立候補へ…07年上回る(読売新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
普天間「早い解決望む」=米国防長官、北沢防衛相に(時事通信)
<スルメイカ漁>水揚げ09年の4倍、豊漁に一安心 北海道(毎日新聞)

女子高生、車内に押し込まれながらも110番 男を逮捕 桶川(産経新聞)

 埼玉県警上尾署は28日、強制わいせつの疑いで、桶川市川田谷、会社員、蓮沼聡容疑者(33)を逮捕した。

 上尾署の調べでは、蓮沼容疑者は28日午後11時5分ごろ、桶川市赤堀の市道で、自転車で帰宅中の同市、県立高校3年生の女子生徒の後ろから軽乗用車で近づき、「殺されるのとどっちがいい」などと脅迫して車内に押し込み、尻を触るなどした疑いが持たれている。

 上尾署によると、女子生徒は車内に押し込まれる際に、自ら110番。女子生徒が逃げ出した後、駆けつけた上尾署員が現場から逃走しようとした蓮沼容疑者を見つけた。

【関連記事】
日焼けするため?全裸で外出 26歳男逮捕
朝鮮学校教諭が強制わいせつ、ひったくり現行犯
20年間、約60人わいせつ撮影か 英会話教室の米国人「子供のため…」
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題
カップル喫茶&ハプバー ほぼ“絶滅危惧種”の理由
iPadが上陸

<普天間移設>「あまりに許せない」 沖縄から激しい怒り(毎日新聞)
うつ病からの復職を考える(Business Media 誠)
「対うつ病10カ年計画」策定を=関連4学会が初の共同宣言―広島(時事通信)
サイパン 戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)
<訃報>津浦嵩さん75歳=元住友商事副社長(毎日新聞)

「着実に持ち直し」を維持=景気判断―5月月例経済報告(時事通信)

 菅直人副総理兼経済財政担当相は24日、5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の基調判断は「着実に持ち直してきている」とし、上方修正した3月以来の表現を維持した。20日発表の1〜3月期国内総生産(GDP)速報値が高い伸びを示したものの、内需のカギを握る設備投資の動きやギリシャの財政危機に端を発した欧州信用不安の影響などを見極める必要があると判断した。
 個別項目では、3月に上方修正した個人消費や設備投資を含め判断の修正はなかった。企業物価は素材市況が堅調に推移しているため、従来の「このところ緩やかに上昇している」から「このところ」を削除した。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<転落>小1男児死亡 誤って用水路に 茨城・竜ケ崎(毎日新聞)
貸切バス事業者に重点監査を実施…国交省(レスポンス)
<殺人>庭先で腹刺され70歳男性が死亡 岩手(毎日新聞)
バス炎上事故、機転の脱出・勇気の救助(読売新聞)
<男性死亡>侵入男の逃走車から振り落とされ 京都・福知山(毎日新聞)

アダルトショップ経営者逮捕=偽ED治療薬販売−大阪府警(時事通信)

 医薬品販売の許可を受けずに男性機能不全(ED)治療薬の模造薬を販売したとして、大阪府警曽根崎署は12日までに、薬事法違反容疑で、兵庫県尼崎市神田北通、アダルトショップ経営町武次郎容疑者(61)を逮捕した。容疑を認めているという。
 同署によると、町容疑者は店舗での販売のほか、インターネットを通じた通信販売も手掛けていたという。同署は模造薬とみられる錠剤計790錠を押収しており、入手経路などを調べている。
 逮捕容疑は2月23日、同市内で経営するアダルトショップで、本物の治療薬「バイアグラ」と同じ医薬品成分を含む模造薬3錠を、別の治療薬「レビトラ」と偽って販売した疑い。 

【関連ニュース
暴力団組幹部ら2人を逮捕=偽バイアグラ事件
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
大洋薬品工場に業務停止命令=別サンプル提出、ミス発覚逃れる
バイオラバー販売会社に罰金=「がんに効果」、薬事法違反

医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
京都宇治・三室戸寺のツツジ満開(産経新聞)
居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
「肩代わり」健保法改正案が成立−12日参院本会議(医療介護CBニュース)
首相動静(5月7日)(時事通信)

ホテルで緊縛強盗、400万円奪い数人組逃走 埼玉・本庄(産経新聞)

 26日午前4時ごろ、埼玉県本庄市寿のホテル「アマン」に2、3人組の男が押し入り、廊下で清掃中だったアルバイトの男性従業員(45)にナイフのような刃物を突きつけ、「カネを出せ」などと脅した。男らは男性従業員の両手と目に粘着テープを巻き付けて事務所内へ連れ込み、事務所内にあった売上金や従業員の給料約400万円入りの金庫と、レジから約2万円を奪って逃げた。男性従業員は手に軽いけがを負った。本庄署では強盗致傷事件とみて捜査している。

 本庄署によると、当時、ホテルにいた従業員は男性だけだった。男らは従業員専用の裏口から侵入。裏口は当時、無施錠だったとみられる。男らのうち2人は30〜50歳くらいで、いずれも黒色のジャンパーに黒色のズボンをはき、黒色のニット帽をかぶっていた。

【関連記事】
4人組の緊縛強盗、25万円奪う 大阪
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ
堀越高の球児ら“ファインプレー” 事後強盗未遂男を取り押さえ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「普天間」最終案、米国の同意優先…地元反発(読売新聞)
「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場(産経新聞)
<規格外野菜>2〜5割安 ジャスコ野田阪神店(毎日新聞)
宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認(産経新聞)
首相「引き続き頑張っていただきたい」小沢幹事長続投を支持(産経新聞)

別の強姦2件でも追起訴…時効直前起訴の被告(読売新聞)

 茨城県小美玉市で2003年4月、女性が乱暴された事件で、現場から採取されたDNA型が一致したとして、今年3月、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪で起訴された同市の建築解体業富田和広被告(43)が、別の2件の強姦事件でも水戸地検に追起訴されていたことがわかった。

 追起訴は20日付で、うち1件は22日に時効を迎える直前だった。

 捜査関係者によると、追起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に同県内で起きた強姦事件。事件現場に残された遺留物のDNA型が富田被告のものと一致した。

 富田被告は3月、08年11月の強制わいせつ未遂事件で逮捕され、03年4月1日の強姦事件の時効直前に起訴された。

南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ−日本(時事通信)
住宅エコポイントはCO2削減に見合う? 恩恵予想以上に大きく、継続的取り組み必要(産経新聞)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める−河村名古屋市長(時事通信)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)

火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)

 18日午前3時ごろ、東京都足立区西保木間1のアパート、丸金荘3号棟から出火、木造モルタル2階建て約140平方メートルのうち90平方メートルが焼けた。2階の部屋から無職、畠山明美さん(51)が救出されたが全身にやけどを負い死亡、別の部屋の女性(66)も煙を吸うなどして意識不明の重体。警視庁竹の塚署は1階が火元とみて出火原因を調べている。

 竹の塚署によると、アパートには4世帯7人が住んでいた。出火当時、男女6人がいたが4人は避難して無事だったという。

 現場は東武伊勢崎線竹の塚駅の北東約1キロの住宅街。【村上尊一】

【関連ニュース
京急線:生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
火災:鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡
ライター火災:回収を検討 福島担当相
火災:灯油まきライターで火 62歳女性死亡 大阪

4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)
沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)
4歳男児、12階ベランダから転落死(読売新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)

決起せよ、団塊政治家(産経新聞)

【一筆多論】

 世は新党ブームである。

 昨夏の衆院選に殴り込んで成功した「みんなの党」が刺激となって、失政続きの民主党政権に失望し、自民党に愛想を尽かしている有権者をターゲットに次から次へと名乗りを上げている。きのうは、東京杉並区の山田宏区長や中田宏前横浜市長らが主導する新党が正式に旗揚げし、自民党執行部への批判を強めている舛添要一前厚労相の新党構想もくすぶっている。

 中でも異彩を放っているのが、「たちあがれ日本」の結党に参加した平沼赳夫氏ら5人の面々である。

 創設メンバー全員が、昭和13年3月生まれの中川義雄氏を筆頭に戦後生まれは一人もいない。「立ち枯れ新党」と、みんなの党の渡辺喜美代表は揶揄(やゆ)しているが、自らが先鞭(せんべん)をつけた「第三極」市場を荒らされないか内心は穏やかでないはずだ。

 新党のキーマンは、幹事長を務める園田博之氏。世間をあっといわせた「自社さ」政権成立の立役者で、参院選後の政局をにらんで水面下の活動を活発化させているが、彼は昭和17年生まれだ。実は17年生まれの政治家は、小泉純一郎元首相を筆頭に大物ぞろいなのである。

 鳩山政権を事実上仕切っている小沢一郎幹事長もそうだし、共産党の市田忠義書記局長も17年生まれ。週刊誌をにぎわすほど元気な中井洽国家公安委員長も同期生である。

 東アジアに目を広げれば、中国の胡錦濤国家主席も北朝鮮の金正日総書記も昭和17(1942)年生まれ。ちなみに大阪生まれの李明博・韓国大統領は、17年ではないが、16年12月生まれである。

 現在の東アジアは、昭和17年生まれの政治家が動かしているといっても過言ではない。

 なぜ昭和17年生まれに有力政治家が多いのか。

 戯(ざ)れ言として見逃してほしいのだが、前年12月8日の日米開戦が東アジア全体にもたらした高揚感と緊迫感、3歳のときに迎えた敗戦の衝撃が大きく作用しているのではないかとひそかににらんでいる。

 むろん、ご本人たちはほとんど記憶にないだろうが、「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもの。幼児期の体験がその後の人生を大きく左右するとの説は、大いにうなずける。

 さて、問題は戦後生まれである。団塊の世代が生まれた終戦直後は、物情騒然としていたものの、戦後の日本は紆余(うよ)曲折があったとはいえ、右肩上がりの経済成長がつい最近まで続いた平和で豊かな時代だった。昭和30年代後半生まれの私もそうだが、のほほんと子供時代を過ごした人間は、どうも凄(すご)みというのが出ない。

 鳩山由紀夫首相は昭和22年生まれで、小沢氏とは5つしか違わないが、迫力に雲泥の差があるのは賢明な読者のみなさんならおわかりだろう。「ポスト鳩山」の1番手に昭和ヒトケタの渡部恒三元副議長から“指名”された菅直人財務相(21年生まれ)も近頃(ごろ)、とんと大人しい。

 世代論ですべてを片付けられるほど、政治の世界は単純ではないが、戦中・戦前生まれの元気さが目立つだけに、団塊世代のだらしなさが目立つ。学生運動華やかなりし頃の血気盛んさはどこに消えたのか。「決起せよ、団塊政治家」と後輩からエールを送りたい。(論説委員・乾正人)

【関連記事】
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
「たちあがれ日本」がネットで好評?
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
第2の“アサヒる”?天声人語に「与謝野る」登場も何?
たちあがれ日本、いきなり立ち上がれず?党名が竹中氏と…?

人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
<武雄市長選>樋渡氏が3選 佐賀(毎日新聞)
AppleとGoogleの戦いは「第3次世界大戦」――関係者語る
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で−兵庫県警(時事通信)
徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)

銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)

 宇宙のガスやちり、星の分布には濃淡があり、濃い部分は網を張り巡らしたように見える。この網の結び目には、銀河が数百から数千個も集まった「銀河団」がある。この銀河団に近くのガスが流れ込み、成長している様子が、X線天文衛星「すざく」による観測で初めて明らかになった。
 理化学研究所の川原田円特別研究員(現宇宙科学研究所研究員)らが10日までに、地球からおとめ座の方向へ24億光年も離れた銀河団「エイベル1689」で発見した。宇宙の大規模構造がどのように発展するかの解明に役立つと期待される。論文は米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。
 川原田研究員らは、この銀河団の周囲に広がる高温ガスから放射されるX線を、すざくで観測した。その結果、外縁部の2000万度の高温ガスの中に、6000万度の領域があることを発見。米国の地上望遠鏡による観測結果と合わせると、この領域には近くの「網」からガスが流れ込み、衝突して温度が高くなっていることが分かった。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール

なぜ神奈川に偏在? 今年のはしか(医療介護CBニュース)
2年で橋さびだらけ!実は「さびがさび止め」(読売新聞)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
アフガンで男性記者不明 拉致情報も(産経新聞)
たちあがれ日本 憂国の石原知事 「血が煮えたぎってる」(産経新聞)

入院の妻死亡、死者3人に=自営業者宅放火−京都府警(時事通信)

 京都府亀岡市で2月、自営業西村正人さん(59)宅が放火され、西村さんら2人が死亡した事件で、大やけどを負って入院していた妻豊子さん(59)が2日夜、病院で死亡した。同事件の死者は3人となった。
 焼け跡からは豊子さんの妹の元夫(63)が遺体で見つかっており、府警亀岡署は元警察官の元夫が放火した可能性が高いとみて、殺人や現住建造物等放火の容疑で捜査している。
 同署によると、西村さん宅は2月26日夜に出火し全焼した。豊子さんは下半身に大やけどを負い、京都市内の病院に入院していた。 

【関連ニュース
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か
アパート火災、2人焼死=高齢の親子か
住宅火災で3遺体発見=50〜70代の母子か
焼けた車から3遺体=持ち主一家に捜索願
寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕

高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
長瀞ライン下り 春の渓谷美を満喫 埼玉(毎日新聞)
<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)
進次郎氏VS亀井氏 「郵政」巡り因縁バトル(スポーツ報知)
<天窓転落>校長ら略式起訴 杉並の小学校(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。